読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でょおのぼっちブログ

友だちなし、恋人なし、一人暮らしの、ぼっちが楽しみながらお金と時間を無駄に浪費するブログ。縮めてでょブログ。

POP tarts(ポップターツ)旨さは犯罪級!アメリカンな朝食

生活ネタ

あなたは朝食には何を食べますか?

 

パン?ご飯?それともシリアル?

私は朝食は抜き、またはシリアルです。

 

シリアルコーンフレークで有名なkelloggs(ケロッグ)はご存知ですよね。

kelloggs(ケロッグ)は日本でもシリアルの代名詞として知られています。

 

そんなkelloggs(ケロッグ)が日本では基本的に販売していないシリアルバー(?)的なお菓子が今回の主役、POP tarts(ポップターツまたはポップタルト)です。

 

f:id:dyoblog:20170319232945j:plain

 

アメリカでは子供向けの朝食(お菓子)として知らない人はいないほどの大人気商品です

私はアメリカ旅行の際にはじめて食べました。

母が昔アメリカにホームステイしていた際に朝食として食べていたそうです。

 

最近観た映画『サボタージュ』(シュワちゃん主演)でもしれっと登場してました。

 

 

f:id:dyoblog:20170319232945j:plain

 

 

この写真のPOP tarts(ポップターツ)の味は『ホットファッジサンデー』です。

 

他にも『チョコレートファッジ』『ワイルドベリー』『スモア』などとてもたくさんの種類があり、いかにも子供が喜びそうな可愛さです!

 

ちなみにでょおおすすめは上の写真の「ホットファッジサンデー」

 

「ホットファッジサンデー」っていうのは要はいかにも「アメリカンなパフェ」です。

バニラアイスにチョコレートソース(ホットファッジソース)をかけたサンデー(パフェ)のことです。

 

チョコレートのクッキーの上にバニラとチョコレートソースを連想させるアイシングがされていてカラースプレーチョコがかかっています。

ちなみにクッキーの中にもバニラが挟まっています。

 

ご想像通りサンデーもPOP tartsも強烈な甘さです笑

 

POPtartsは冷えたままでも食べられますが温めた方が断然美味しいです。

 

 

f:id:dyoblog:20160923001729j:plain

 

トースターやレンジで温めます。梱包袋は金属なのでレンチン禁止です。

上の砂糖の塊(アイシング)が溶けたりしちゃいそうですがアメリカではポップアップトースターで普通に温めちゃいます。

 

 

f:id:dyoblog:20170319233012j:plain

 

 

断面図はこんな感じ。

クッキーの上にアイシングがされていて、さらに中にもクリーム(?)が入っています。

多分上のアイシングと同じものがサンドされています。

写真からわかる通り強烈な甘さが連想できるかと思います。

 

f:id:dyoblog:20170319233025j:plain

 

 

そしてクッキーはサクサクではなくしっとりとボロボロした感じ。

日本の不二家カントリーマアムのあの食感が近い気もしなくないです。

もうちょっと固いかな。

 

ものすごい甘い+しょっぱい

 

です。なんかただものすごく甘いだけじゃないんですよね。

梱包袋の中は2つPOP tarts(ポップターツ)が入っています。

甘いのが苦手な方は2つまとめて食べることはできないかもしれません。

甘いものが大好きな私にとっては容易です。笑

 

仕事が忙しいので昼食用によく持って行ってます。

 

 

さて、長々とオススメしてきましたPOP tarts(ポップターツ)ですが

基本的には日本で購入できません。

 

おそらく現在Amazonでしか購入できないでしょう。

沖縄の一部地域にて購入できるとかできないとか。

 

私みたいに甘いものが大好きというあなた!

もし購入できる機会があれば是非ともご賞味ください。

 

それではまた